Share
  • Writer

Cho Jihoon

  • Birth
    1920 ~
  • Occupation
    Writer
  • First Name
    Jihoon
  • Family Name
    Cho
  • Korean Name
    조지훈
  • ISNI

Description

  • English
  • Spanish
  • Japanese
  • French
  • Cho was born on December 3, 1920 in Yeongyang, Gyeongsangbuk-do, during the period of Japanese rule.[2] His birthname was Cho Dong-tak. He graduated from Hyehwa College in 1941 with a degree in Liberal Arts. He taught at Odaesan Buddhist College and in 1946, after Korean Liberation, founded the Association of Young Writers (Cheongnyeon munhakga hyeophoe). Cho also served as president of the Society of Korean Poets(Hanguk Siin hyeophoe) and from 1947 served as a professor at Korea University. Cho was also the first head of the Korea University National Culture Research Institute. He died on May 17, 1968.[1]

    Cho's birthplace is preserved in Irwol-myeon in Yeongyang. A memorial to him stands on Namsan in Seoul. (..)

    Source URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Cho_Chi-hun

  • Cho Chi-hun nació el 3 de diciembre de 1920 en Yeongyang, provincia de Gyeongsang del Norte, durante la dominación japonesa de Corea.2​ Su nombre al nacer fue Cho Dongtak. Se graduó de la Escuela Hyehwa en 1941 en Artes Liberales. Enseñó en el colegio budista Odaesan y en 1946, después de la liberación de Corea, fundó la Asociación de Escritores Jóvenes (Cheongnyeon munhakga hyeophoe). También fue presidente de la Asociación de Poetas Coreanos (Hanguk Siin hyeophoe) y desde 1947, profesor de la Universidad de Corea. También fue el primer presidente del Instituto de Investigación de la Cultura de la Universidad de Corea. Falleció el 17 de mayo de 1968.1​ (..)

    Source URL: https://es.wikipedia.org/wiki/Cho_Chi-hun

  • 1920年12月3日、慶尚北道英陽郡日月面主谷洞202番地に生まれる。父は趙憲泳で、後に制憲国会議員と二代目国会議員になるが、朝鮮戦争のときに被北した。母は全州李氏。兄の趙東振も詩人である。趙は幼い頃から17歳まで祖父に漢文を学び、普通学校には3年通っただけであった。当時の文士が新教育を受けるために日本に留学したり、近代教育を実践する学校に通ったりしたのにたいして、趙は漢文という朝鮮の伝統的教育を受けて育った。このことが、趙の朝鮮的情感を豊かにする助けとなったと言える。しかし、新文学の雑誌等を読むことで、当時流行していたプロレタリア文学に敏感に反応し、8歳でプロレタリア思考の童謡を作っている。

    1936年、上京し、呉一島の経営する詩苑社に入り、詩文学派の影響を受けながら習作する。ボードレール、ドストエフスキー、フローベール、ワイルド等に耽溺し、また民族文化についての学術書を読み始める。1939年、父が上京してきて明倫洞に住むと、趙は父と生活する。同年、恵化専門学校文科に入学する。恵化専門学校の授業中、落書きのつもりで書いた詩「古風衣裳」をそのまま封筒に入れて投函したのが『文章』の選者、鄭芝溶の目に留まった。これにより、趙は詩人として文壇にデビューする。1940年には同人誌『白紙』を発刊するが、同人達が検挙されたために3号までで廃刊となった。

    1940年、宣城金氏の娘、金蘭姫と結婚する。1941年、恵化専門学校を卒業すると、江原道の五台山にある月精寺に赴き、仏教講院の外典講師になり、ここで禅を学んだ。その後、趙の詩は情緒と主観を排した無奇妙主義と言われる傾向に変わっていく。趙の健康はこの頃から悪化し、1941年秋には下山してソウルに戻った。朝鮮語学会の『大辞典(큰사전)』の編纂にあたる予定であったが、1942年に日帝の一斉検挙(朝鮮語学会事件)があり、編纂事業は中断された。趙は会員でなかったために検挙を免れた。1943年、故郷に戻り1945年の解放まで郷里で過ごす。密かに青年会を組織しハングルを教えていた。

    1945年8月15日、解放を迎えると、趙は9月に上京する。朝鮮文化建設協会会員や明倫専門学校の講師になり、またハングル学会の教本、震檀学会の国史教本の編纂員として国文学の教育に参加する。1946年6月、朴斗鎮、朴木月らと三人詩集『青鹿集』(乙酉文化社)を刊行する。これをもって、趙等は「青鹿派」と呼ばれるようになる。趙は1947年に高麗大学校の教授に就任すると20年間、高麗大で教鞭を執った。1963年、高麗大に民族文化研究所が設置されると、初代所長に就任し、『韓国文化体系』を企画、編纂し、その第1巻として『韓国民族運動史』を執筆した。さらに『韓国文化史序説』を執筆し、高い評価を得ている。病魔が趙の身体を蝕み、講義は休みがちであったが、趙の講義は学生達に好評で多くの弟子が趙から育った。

    1968年2月、終に病に倒れる。吐血がひどく、5月16日にメディカルセンターに入院するが、すでに手遅れであった。1968年5月17日午前5時40分、気管支拡張のため、死亡する。その遺骸は同月21日、京畿道楊州郡磨石里(現在の南楊州市)松羅山の麓に埋葬された。1972年、ソウル南山に詩「芭蕉雨」が刻まれた「趙芝薫詩碑」が建てられた。(..)

    Source URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%99%E8%8A%9D%E8%96%AB

  • En 1939, Cho Chi-hun commence ses études à l'université Dongguk (connue à l'époque sous le nom d'école Hyehwa)2. Après l'indépendance de la Corée, il fut professeur et instructeur dans un lycée public de filles, à l'université Dongguk, à l'université de Corée ainsi qu'à la réunion internationale de poésie qui a eu lieu en 1961 en Belgique et qui a réuni des représentants de la Corée. (..)

    Source URL: https://fr.wikipedia.org/wiki/Cho_Chi-hun

Translated Books (6)