Translated Books

We continually collect and provide bibliographic information on overseas publications of Korean literature (translated into over 48 languages).

Japanese(日本語) Book Available

オリオンと林檎 (韓国文学の源流 短編選2)

About the Books

Author
イ・ヒョソク
Co-Author
パク・ファソン , キム・ユジョン , イ・ギヨン , パク・ヨンジュン , パク・テウォン , ヒョン・ドク , イ・テジュン
Translator
岡 裕美,カン・バンファ,小西 直子,イ・ソンファ
Publisher
-
Published Year
2021
Country
JAPAN
Classification

literature > Korean Literature > Complete Collection, Library > Complete Collection & Library (more than 2 writers)

Original Title
오리온과 능금 (한국문학의 원류 단편선 2 (1932-1938))
Original Language

Korean(한국어)

Romanization of Original
Hangungmunhagui wollyu danpyeonseon 2 (1932-1938)
ISBN
9784863854727
Page
272
Volume

About the Author

  • Kim Yujung
  • Birth : 1908 ~ 1937
  • Occupation : Novelist
  • First Name : Yujung
  • Family Name : Kim
  • Korean Name : 김유정
  • ISNI : 0000000080701819
  • Works : 30
About the Original Work
Descriptions(Languages 1)
  • Japanese(日本語)

日本植民地時代の1930年代韓国は、プロレタリア文学とモダニズム文学との相克の時代。揺れ動く時代を背景に、若い男女の交友関係を軸として、社会運動にのめり込んでゆかざるを得ない暗い時代が描かれる。実りのない恋愛を通して強く自立した生き方を模索する愛と葛藤の日々が、読むものの心に深く響いてくる。

下水道工事を巡り、日本人請負業者の賃金未払に怒りを爆発させる労働者たちの抵抗運動「下水道工事」。百貨店に勤める日本人女性ナオミと読書サークル仲間の恋の駆け引き「オリオンと林檎」。山間の村。ふとしたきっかけで住み込みで働くことになった若い女への期待と裏切り「山あいの旅人」。貧困から抜け出せない農民たちが賭博によって 仲間のわずかな財産を奪い合う「鼠火」。旱魃に苦しむ小作農と利己的な村の自作農との軋轢を描く「模範耕作生」。芳蘭荘という赤字続きのカフェを営む画家の満たされぬ日々「芳蘭荘の主」。体を壊して働けなくなった父と港でいかがわしい酒売りの仕事で稼ぐ母を持つ少年の成長期「草亀」。平壌を訪れた作家が目にした廃れゆく文化と哀しい人間模様を描く「浿江冷」。

Source : https://www.amazon.co.jp/オリオンと林檎%E2%80%8B-韓国文学の源流-短編選2-朴泰遠/dp/4863854722

LTI Korea Library Holdings2

No. Call No. Location Status Due Date
1 일본어 813.82 오리온 이-오 c.2 LTI Korea Library Not Available -
2 일본어 813.82 오리온 이-오 LTI Korea Library Available -