• Book
    • Japanese

    沈黙で建てた家 : 朝鮮戦争と冷戦の記憶

    Japan
    / / /
    2004
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    朝鮮戦争後50年間、沈黙の淵に沈められていた女たちの記憶が、南北和解の兆しのなかで静かに浮かび上がる。現代韓国の底部に堆積する沈黙に光を当てた韓国現代文学の挑戦。 Source: https://www.amazon.co.jp
    • Book
    • Japanese

    あなぐまさんちのはなばたけ

    Japan
    / / /
    2001
    / Literature - Korean literature - Children and Adolescents
    ある日、峠の陽だまりで居眠りをしていてびゅーん、ぐるぐるぐるっと、つむじ風に飛ばされたあなぐまおばさん。きれいな花畑を見かけて、さっそく自分の家にも庭をつくろうと道具を持ち出すけれど…。 Source: https://www.amazon.co.jp
    • Book
    • Japanese

    こいぬのうんち

    Japan
    / / /
    2002
    / Literature - Korean literature - Children and Adolescents
    「ぼくは、なんの役にもたたないのかなあ」 ちっぽけで、なきむしの、こいぬのうんち。けれど、春がおとずれたそのとき…。目立たないもの、弱いものに対するやさしさがこめられた絵本。 Source: https://www.amazon.co.jp
    • Book
    • Japanese

    庭を出ためんどり

    Japan
    / / /
    2003
    / Literature - Korean literature - Children and Adolescents
    いつの日にか自由になって、自分のひなを育てたい。そう願いつづけた鶏小屋のめんどりが、野原で見つけた一つの卵をあたため始める…。夢をかなえるということは、奇跡とおなじ。韓国で子どもにも大人にも愛されているお話。 Source: https://www.amazon.co.jp
    • Book
    • Japanese

    キジのかあさん

    Japan
    / / /
    2011
    / Literature - Korean literature - Children and Adolescents
    「ぴぴぴ」「ぴぴぴ」「かあさん、かあさーん」キジのかあさんとひなたちが山火事のなかをにげまどいます…。『こいぬのうんち』で深い感動を呼んだ韓国を代表する童話作家が最後につづった、心うつ母と子の物語。 Source: https://www.amazon.co.jp
    • Book
    • Japanese

    新羅殊異伝 : 散逸した朝鮮説話集

    japan
    / /
    2011
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction -
    『新羅殊異伝』は新羅時代の歴史故事・奇異譚を集めた説話集で、朝鮮文学の最古層をなす。中国、日本との交流も語られ、東アジアの古代世界と文学空間を表す貴重な資料である。 Source : https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%BE%85%E6%AE%8A%E7%95%B0%E4%BC%9D-%...
    • Book
    • Japanese

    訓民正音

    japan
    / / /
    2010
    / Language - Korean language - Phonology, phonetics, writing -
    朝鮮王朝第四代国王世宗がハングル創成を布告した「訓民正音」、さらに「崔万里等諺文反対上疏文」「東国正韻序」を加えた決定版。 Source : https://www.amazon.co.jp/%E8%A8%93%E6%B0%91%E6%AD%A3%E9%9F%B3-%E6%9D%B1%...
  • 漢京識略: 近世末ソウルの街案内

    Japan
    / / /
    2018
    / History - Asia - Korea
    漢京は朝鮮王朝の都であり、今のソウルを指す。600年以上も朝鮮半島の政治・経済の中心である大都市の近世末期に書かれた街案内。 Source URL : http://www.heibonsha.co.jp/book/b314296.html
  • 故郷

    Japan
    / / /
    2017
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    貧しさの根本原因に目覚めていく小作農たち―植民地時代の荒廃する農村にあって、たくましく生きる小作人群像とその家族たち、そして若い男女の心の葛藤を、朝鮮の風土を織り交ぜながら描く。朝鮮プロレタリア文学の代表作。 Source: https://books.rakuten.co.jp/rb/15018085/
  • 植民地の腹話術師たち: 朝鮮の近代小説を読む

    Japan
    / / /
    2017
    / Literature - Philosophy and theory
    近代「韓国語」はいかに作られたのか。帝国の支配下で帝国の言語で発言する被植民地人は一種の腹話術師である。主に日本語との格闘を通して作品を書いた文学者たちの活動に豊富な引用で光を当て、その実態に鋭く近づく、ユニークな試み! source: www.books.co.jp

Pages