• Book
    • Japanese

    ソウル : 逃亡の果てに

    Japan
    / / /
    2005
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    韓国のエリート街道を進んでいた青年が、「国防の義務」によりベトナム戦線にかり出された。帰還後、戦場での悪夢に苦しみ続けていた彼を襲ったのは、妻の不貞という許し難い事実。怒り狂った彼が不倫現場で見たものは、あまりにも意外で衝撃的な光景…流血の惨状だった。「妻殺し」の汚名をきせられ刑務所に投獄された青年。やがて憎悪の塊となって脱獄。様々な人間模様の中で、「生と性」...
    • Book Review
    • French

    Le dernier témoin – Kim Songjong

    FRANCE
    /
    1 avril 2015
  • Le dernier témoin

    France
    / / /
    2014
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    Un avocat véreux et un riche homme d'affaires sont assassinés. L'inspecteur O Py(...)ngho, un homme à la dérive depuis le décès accidentel de sa femme, est chargé des enquêtes. Lentement, il remonte...
    • Article
    • French

    Polar : Le dernier témoin de Kim Sôngjong

    France
    / /
    25. 09, 2014
  • ソウル - 逃亡の果てに

    Japan
    / / /
    2005
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    韓国のエリート街道を進んでいた青年が、「国防の義務」によりベトナム戦線にかり出された。帰還後、戦場での悪夢に苦しみ続けていた彼を襲ったのは、妻の不貞という許し難い事実。怒り狂った彼が不倫現場で見たものは、あまりにも意外で衝撃的な光景...流血の惨状だった。「妻殺し」の汚名をきせられ刑務所に投獄された青年。やがて憎悪の塊となって脱獄。様々な人間模様の中で、「生と性」...
  • 最後の証人

    Japan
    / / /
    2009
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    1973年、韓国で起きた2つの殺人事件。孤高の刑事が辿り着いたのは朝鮮半島の悲劇の歴史だった…。推理小説の手法を用いながらも、文学的形象化にも成功。「憂愁の文学」と評される感涙必至の韓国ミステリー。 Source: http://www.hmv.co.jp/artist_%E9%87%91%E8%81%96%E9%90%98_200000000270814/...
  • コリアン・ミステリ

    / /
    2002
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    現代の韓国を代表する作家13名の競作。ミステリ・ファンのみならず、近くて遠い国、韓国の今日を知りたいと願う方々にも、恰好の手引きとなる興味尽きない作品集。
  • 刑警吳炳浩

    China
    / / /
    1999
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    • Book
    • Chinese

    憎夢

    / /
    1989
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction

Pages