• Article
    • Japanese

    「わたしに無害なひと」 明るく傷つきやすい心をすくう 朝日新聞書評から

    /
    July 11, 2020
    わたしは大した人間ではない。この人も、ほんとうのわたしを知ったなら、きっとわたしのことなど見捨てるはずだ……それが怖くてたまらず、自分の心を偽ってでも、親愛なる人ともっと深い関係がはじまることを自分から拒否してしまう。