• Article
    • Japanese

    自分の〈被害〉と同時に〈加害〉についても語られる韓国文学『わたしに無害なひと』

    Japan
    / /
    May 23, 2020
    自分の苦しかったことや辛かったことを告白するのには、とても勇気がいる。一方で、自分が誰かを苦しめたことや辛い思いをさせたことについて告白するのにも、同じくらいーーというか、前者とはまた別の種類の勇気がいる。自分の〈被害〉について告白することは、その経験を嘲笑されたり矮小化されたり、セカンドレイプみたいな目に遭うリスクを負う。そして、自分の〈加害〉について告白することは、世間から責められたり後ろ指をさされたりするリスクを負う。何より、自分の無知や愚かさを自分で認めるって、そのこと自体が精神的にけっこうキツイ。
    • Book
    • Japanese
    • Available

    わたしに無害なひと

    Japan
    / / /
    2020
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    2018年〈小説家50人が選ぶ“今年の小説"〉に選出、第51回韓国日報文学賞受賞作! 誰も傷つけたりしないと信じていた。 苦痛を与える人になりたくなかった。 ……だけど、あの頃の私は、まだ何も分かっていなかった。 あのとき言葉にできなかった想いがさまざまにあふれ出る。 もし時間を戻せるなら、あの瞬間に……。 第8回若い作家賞受賞作「あの夏」を含む、7作品を収録。 韓国文学の〈新しい魅力〉チェ・...
    • Article
    • Japanese

    中島京子・評 『外は夏』=キム・エラン著、古川綾子・訳

    Japan
    / /
    July 7, 2019
    七篇の小説を読んで、表紙のタイトルを再び眺めると、読者は作家が用意した繊細なアイロニーをうけとめることになる。外は夏。このタイトルは「風景の使い道」という一篇で、語り手がふと、夏の日のスノードームを思い描く場面から取られている。そう、中は真冬なのだ。
    • Article
    • Japanese

    韓国の人気作家に聞く

    Japan
    / /
    August 29, 2019
    韓国の人気女性作家、キム・エランさんとピョン・ヘヨンさんが、最新邦訳の刊行に合わせ続けて来日。作品に込めた思いを聞いた。【棚部秀行】
    • Article
    • Japanese

    東アジアのLGBT文学 赤松美和子・選

    Japan
    / /
    March 1, 2020
    去年5月に台湾ではアジアで初めて同性婚が合法化された。台湾文学も大いに貢献したと私は思っている。四半世紀も前からLGBTを語る言葉と空間を創造し続け、LGBT文化を醸成してきたのだから。台湾LGBT文学は、必読の白先勇『孽子(げっし)』(陳正醍訳、国書刊行会)をはじめ、日本でも多く翻訳されている。
    • Book
    • Japanese
    • Available

    外は夏

    Japan
    / / /
    2019
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    推薦・若松英輔 「居場所を見失うことは誰にでもある。ひとはそれをふたたび、おのれの痛みのなかにも見出し得る。そうした静かな、しかし、燃えるような生の叡知がこの作品集を貫いている。」 汚れた壁紙を張り替えよう、と妻が深夜に言う。幼い息子を事故で亡くして以来、凍りついたままだった二人の時間が、かすかに動き出す(「立冬」)。 いつのまにか失われた恋人への思い、愛犬との別れ、...
    • Event
    • Republic of Korea

    Korean literature event with the City of Bucheon

    2018/10/12
    LTI Korea and the City of Bucheon Co-host ‘Three Korean Literary Works Through the Lens of Asian Translation’ Event On October 12, the Literature Translation Institute of Korea (LTI Korea) (President: Kim Sa-in) co-hosted a Korean literature event with the City of Bucheon to celebrate the first...
  • 娘について

    Japan
    / / /
    2019
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    私の育て方が悪かったんですよね 「普通」の幸せに背を向ける娘にいらだつ「私」。 ありのままの自分を認めてと訴える「娘」と、その「彼女」。 ひりひりするような三人の共同生活に、やがて、いくつかの事件が起こる。 韓国文学の新シリーズ「となりの国のものがたり」第2弾!! Source URL : https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784750515687

Pages