• Article
    • Japanese

    武田 砂鉄・評『ウジョとソナ』パク・ゴヌン/著

    /
    August 4, 2020
    ◆『ウジョとソナ 独立運動家夫婦の子育て日記』パク・ゴヌン/著 神谷丹路/訳(里山社/税別2600円)  歴史を作るのは国ではなく、人間の営みである。1938年から46年まで、大韓民国臨時政府の独立運動家として中国へ渡った夫婦が、日本軍の侵攻から逃げながら、娘への愛情を注ぎ続けた。夫婦が実際に残した日記を孫娘が編纂(へんさん)し、それをグラフィックノベル化したのが本書である。
    • Article
    • Japanese

    人生歌う、海女の呼吸 ホ・ヨンソンさん詩集刊行

    Japan
    / /
    June 14, 2020
    苦難の歴史を背負いつつ強く生き抜く韓国・済州島の海女たち。一人一人の声に耳を傾け、記憶を紡ぐホ・ヨンソンさんの詩集『海女たち』(姜信子さん、趙倫子さん訳)が新泉社から刊行された。
    • Article
    • Japanese

    6月 私のおすすめ 小川公代(英文学者)

    Japan
    / /
    June 24, 2020
    (1)多和田葉子『星に仄(ほの)めかされて』(講談社) (2)オスカー・ワイルド著、富士川義之訳『童話集 幸福な王子他八篇』(岩波文庫) (3)『小説版 韓国・フェミニズム・日本』(河出書房新社)
    • Article
    • Japanese

    ファン・ジョンウンさん 社会を生きて、書く 韓国で注目を集める小説家

    Japan
    / /
    May 10, 2018
    韓国の作家、ファン・ジョンウンさんの短編集『誰でもない』(晶文社)と長編『野蛮なアリスさん』(河出書房新社)の2作が立て続けに邦訳された。同国で今、最も注目されている作家の一人。すでに多くの文学賞を受賞し、他の作家からの評価も高い。4月の来日を機に、作品に込めた思いや小説観などを聞いた。 「登場人物の声が聞こえないと、小説を書き始められません。この人物なら、どんな言葉、音声でどういうふうに語るかを常に考えています」 韓国で2013年に刊行された『野蛮なアリスさん』は、まさに「語り」に特長があるセンセーショナルな作品だ。