• Book
    • English
    • Available

    Divorce

    U.K
    / / /
    2019
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    A poet reflects on the lives of the different generations of women around her as she contemplates her own divorce from a socially-engaged photographer; her feelings are complicated by the ethics of...
    • Article
    • Chinese

    母亲的形象与新世纪韩国文学

    China
    / /
    May 23, 2019
    韩国当代文学中的父亲与母亲形象,常常具有特定的指涉,在很多时候,父亲象征着半岛的国族史,而母亲则象征着半岛的受难史。不过,进入21世纪后,在韩国政治渐趋稳定,经济持续快速发展,个人平均国民生产总值突破了两万美元的同时,年轻人逐渐产生出对个人的强烈渴望,以及与“国家民族”“父亲母亲”为代表的前现代共同体切割的欲望。
    • Book
    • English

    백치들

    Republic of Korea
    / /
    2006
    / Korean literature - Contemporary drama - Contemporary fiction

    “These men, who had no choice but to become idiots, shaped me into a writer.

    English : The Idiots

    • Book
    • French

    국수

    Republic of Korea
    / /
    2014
    / Korean literature - Contemporary drama - Contemporary fiction

    French : Les nouilles

    • Article
    • Japanese

    ひとり

    Japan
    / /
    July 4, 2019
    韓国で現代文学賞、大山文学賞、李箱文学賞を受賞した作家、キム・スムの長編小説。 歴史の名のもとに破壊され、打ちのめされた、終わることのない日本軍慰安婦の痛み。 その最後の「ひとり」から小説は始まる…… 慰安婦は被害当事者にとってはもちろん、韓国女性の歴史においても最も痛ましく理不尽な、そして恥辱のトラウマだろう。 プリーモ・レーヴィは「トラウマに対する記憶はそれ自体がトラウマ」だと述べた。 1991年8月14日、金學順ハルモニの公の場での証言を皮切りに、被害者の方々の証言は現在まで続いている。 その証言がなければ、私はこの小説を書けなかっただろう。…… (著者のことばより)
    • Article
    • Japanese

    終わることのない日本軍慰安婦の痛み『ひとり』を刊行

    Japan
    / /
    Aug. 28, 2018
    三一書房 小番です。 『ひとり』(キム・スム著/岡裕美訳)を刊行します。 韓国で現代文学賞、大山文学賞、李箱文学賞を受賞した作家、キム・スムの長編小説です
    • Event
    • United Kingdom

    LTI Korea Signs MOU with British Centre for Literary Translation and the National Centre for Writing, Participates in Summer School

    2018/07/22 to 2018/07/28
    LTI Korea Signs MOU with British Centre for Literary Translation and the National Centre for Writing, Participates in Summer School In 2015, the Literature Translation Institute of Korea (LTI Korea) (President: Kim Sa-in) sponsored the addition of a Korean-English translation course at the annual...
  • ひとり

    Japan
    / / /
    2018
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    私が書きたかったのは、加害者か被害者か、男性か女性かを抜きにしてひとりの人間が引き受けねばならなかった苦痛についてです。 そして、その苦痛を崇高で美しい徳に昇華させた魂についてです。 日本の読者の方々が、私の小説を読んで多くの点に共感されることを願っています。 Source URL : https://www.honyaclub.com/shop/g/g19381736/

Pages