• Article
    • Japanese

    大反響を呼んだフェミニズム特集が単行本に。日韓・人気作家たちによる豪華短編集!

    2019年、『文藝』秋季号が特集した「韓国・フェミニズム・日本」は大きな反響を呼び、創刊以来86年ぶりの3刷を記録した。『小説版 韓国・フェミニズム・日本』(河出書房新社)は、その特集の単行本化第2弾である。執筆陣には、日本でもベストセラーとなった『82年生まれ、キム・ジヨン』のチョ・ナムジュ氏や、初邦訳となる覆面SF作家デュナ氏らに加え、西加奈子氏や深緑野分氏など日本の人気作家たちが名を連ねる。フェミニズム、日韓関係、差別…これらは決して一朝一夕に語れるものではない。もしかしたら、“フェミニズム”というタイトルを見ただけで尻込みする人もいるかもしれない。ただ、本作はまず、...
    • Article
    • Japanese

    6月 私のおすすめ 小川公代(英文学者)

    Japan
    / /
    June 24, 2020
    (1)多和田葉子『星に仄(ほの)めかされて』(講談社) (2)オスカー・ワイルド著、富士川義之訳『童話集 幸福な王子他八篇』(岩波文庫) (3)『小説版 韓国・フェミニズム・日本』(河出書房新社)
    • Article
    • Japanese

    【書評】世間から負け組、弱者とされている人間に対する共感 ~『短篇集ダブル サイドA、サイドB』

    /
    2020年03月29日
    第1回日本翻訳大賞を受賞した短篇集『カステラ』以来、韓国文学の素晴らしい紹介者・斎藤真理子によって、多くの作品が訳出されているのがパク・ミンギュ。そのストーリーテラーとしての才能を存分に味わえるのが、LPレコード盤を模した『短篇集ダブル』サイドAとサイドBの2冊なのだ。(..)
    • Book
    • Japanese

    文藝

    リニューアル第2弾。特集「韓国・フェミニズム・日本」 Source: https://books.rakuten.co.jp/rb/15944946/
  • 三美スーパースターズ 最後のファンクラブ

    Japan
    / / /
    2017
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    韓国プロ野球の創成期、圧倒的な最下位チームとして人々の記憶に残った三美スーパースターズ。このダメチームのファンクラブ会員だった二人の少年は大人になり、IMF危機と人生の危機を乗り切って、生きていくうえで最も大切なものは何なのかを知る―。韓国で20万部超のロングセラーとなっているパク・ミンギュの永遠のデビュー作! Source: http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83...
  • ピンポン

    Japan
    / / /
    2017
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    僕は毎日、中学校でいじめられている。あだ名は「釘」。スプーン曲げができる「モアイ」もいっしょにいじめられている。僕らは原っぱのど真ん中にあった卓球台で卓球をするようになる。僕らの気持ちは軽くなる。いじめにあうってことはさ……「のけもの」じゃなくて、「なきもの」にされてるってことなんだ。みんなから? ううん、人類にだよ。僕らは卓球用品店主「セクラテン」に卓球史を伝授してもらう。...
  • 亡き王女のためのパヴァーヌ

    Japan
    / / /
    2015
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    「電球が切れたように、ある日突然、光がなくなったんだ。そのとき、わかったんだよ。 人間の魂はこのフィラメントみたいなものだってことが。どんな美人でも……そこが消えたらおしまいなんだ。誰にとっても、愛されてるのとそうでないのとの差は、光と闇の差くらい大きいものなんだよ」 この世界に どことなく馴染めない三人の男女。それぞれの過去、現在、そして生き続けることの軌跡を描いた、魂の喪失と再生の物語。...
  • カステラ

    Japan
    / / /
    2014
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    【申東曄創作賞(2005年)】【日本翻訳大賞(第1回)】1985年、UEFAチャンピオンズカップ決勝戦、リヴァプール対ユベントス。ヘイゼルの悲劇から、物語は始まる−。表題作をはじめ韓国最高の文学賞“李箱賞”受賞作「朝の門」など全11編を収録した短編小説集。 Source : http://www.junkudo.co.jp/mj/products/detail.php?isbn=...