Description

日本で韓国の本の人気が年々高まっている。映画化でも話題になった小説「82年生まれ、キム・ジヨン」(チョ・ナムジュ著)だけではない。小説「アーモンド」(ソン・ウォンピョン著)が2020年本屋大賞翻訳小説部門第1位に輝いたほか、エッセイや絵本まで幅広く韓国の本が翻訳出版され、よく売れている。11月28、29日には、K-BOOKフェスティバルがオンラインで開催され、小説「菜食主義者」の著者ハン・ガンさんら人気作家のトーク、翻訳者の座談会などが日本の読者向けに配信された。

「菜食主義者」は英国の文学賞マン・ブッカー国際賞を受賞したことでも知られる。日本でいち早く韓国文学の翻訳を手がけ、韓国文学ブームのきかっけを作った出版社「クオン」が2011年、「新しい韓国の文学シリーズ」として1冊目に刊行したのが「菜食主義者」だった。シリーズはこれまで20冊が刊行されているが、このうち3冊がハン・ガンさんの作品で、あとの2冊は光州出身のハン・ガンさんが光州事件について書いた小説「少年が来る」、そしてハン・ガンさんのエッセイ集「そっと静かに」だ。(...)

E-Book (17)

Translated Books (80)

News from Abroad (849)

International Events (9)

Report/Texts (9)