Share
  • Book
  • Japanese

小説 大院君 雲峴宮の春

Description

“韓国の芥川龍之介”と言われた作家の新聞小説の傑作!19世紀後半、朝鮮王朝末期の内憂外患の緊迫した時期に、国王の実父大院君は高宗の摂政として権力を揮るった。本書は、若き日の興宣君があえて官職を辞し、市中の無頼となって、蔑まれ、貧困に甘んじた時代を経てようやく“春”をつかむまでの物語。人間的葛藤と当代の腐敗した朝鮮社会の鋭い矛盾を映し出した歴史小説。          

 

(「BOOK」データベースより)

About the Author

Original Books (1)

Library Catalogue (1)

E-Book (5)

Translated Books (34)

News from Abroad (3)

Book Reviews (1)

Videos (2)

LTI Korea Library Holdings