Share
  • Book
  • Japanese(日本語)

돼지꿈

  • Author
  • Country
    Republic of Korea
  • Publisher
  • Published Year
    2008
  • Genre
    Literature - Korean literature - Contemporary fiction

Title/Author/Genre

  •  

    Title: 豚の夢

    Author: 呉貞姫(オ・ジョンヒ)

    Genre: 寓話小説

     

    LTI Korea staff: 李善行(イ・ソネン)soyi@klti.or.kr / +82-2-6919-7731

Description

  • About the book

    『豚の夢』は、現代韓国を代表する作家の一人、オ・ジョンヒが、作家生活40年目に発表した寓話小説集。デビュー以来、様々な媒体に発表してきた短編25作を収録している。おもな主人公は中年の女性たち。彼女たちは、ごく普通の日常を生きているが、知らず知らずのうち心に刺さった“小さなトゲ”のような、些細な悲しみ、怒り、苦しみ、ときに喜びを抱えている。一人ひとりの主人公の小さなトゲの存在が、同じように生きる女性たちの密やかな共感を呼ぶ。その共感は、オ・ジョンヒの繊細で確かな文章力に支えられている。この短編集は同時代を生きる人々の微妙な心の揺れや人生の機微を感じさせる、まさに「人生のアルバム」となっている。

     

    About the author

    呉貞姫(オ・ジョンヒ) 1947年、ソウル生まれ。1968年に登壇し、李箱文学賞(1979)、東仁文学賞(1982)、東西文学賞(1996)などを受賞、韓国を代表する作家の地位を獲得した。オ・ジョンヒの作品は海外でも翻訳出版されており、特に長編小説『鳥』は英語、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ノルウェイ語、オランダ語など10か国語に翻訳出版され、2003年にはドイツ語版がリベラトゥル賞を受賞した。これは海外で韓国人が文学賞を受けた最初の事例である。その他にも『火の川』『幼年の庭』『古井戸』など数多くの短編集が英語、日本語、中国語、フランス語、ドイツ語、ベトナム語、ロシア語、スウェーデン語などに翻訳出版されている。
    オ・ジョンヒは大作や話題作でスポットライトを浴びたわけでもない寡作な作家だが、長年、『母をお願い』の著者シン・ギョンスクら多くの作家たちの手本となってきた。人気作家コン・ジヨンは習作時代、オ・ジョンヒに会わねばという一心で作家の住む春川(チュンチョン)行きの列車に飛び乗ったというエピソードが残っている。

     

    About the translators

    文光子(文茶陰)1958年大阪市生まれ。31歳で渡韓、延世大学韓国語学堂で韓国語を習う。国際交流基金ソウル文化センターで日本語教師を務めながら東国大学文芸創作科を卒業し、韓国文学翻訳院で翻訳を学ぶ。2010年同院の第9回翻訳新人賞受賞、ソウルで日本語を教えながら翻訳家として活動中。翻訳書に呉貞姫著『鳥』(2015年「段々社」)、ユン・ムンヨン著『平和の少女像』(2016年「私の人生の本」)などがある

     

    Media Response/Awards Received

    「人生の第3の季節」に映し出される25の夢 -ハンギョレ新聞
    「角が出たお母さん」に捧げる人生寓話 -世界日報
    我々の時代の中年の肖像 -東亜日報
     

     

Translated Books (45)

News from Abroad (34)