Share
  • Book
  • Japanese

ミシル - 新羅後宮秘録

Description

見目麗しく、知性も備えた娘ミシルは、外祖母からありとあらゆる媚態術と性の技芸を仕込まれていた。彼女の一族「大元神統」は、皇帝の一族に「色」を供することを至高の使命とし、皇太后や後宮を輩出してきた名門なのだ。ミシルは新羅の宮廷に上がるやいなや、純朴で繊細な皇帝の弟・世宗の寵愛を受ける。先には、宮廷での薔薇色の未来が待ち受けているかに見えた。だが、恋に狂った息子の姿を案じた皇太后はミシルを疎み、追放を画策するのだった―世界文学大賞を受賞し韓国で大ベストセラーを記録した官能歴史ロマン。

Original Books (1)

Library Catalogue (1)

Translated Books (3)

News from Abroad (1)

International Events (1)

LTI Korea Library Holdings