E-News

We provide news about Korean writers and works from all around the world.

22 results
  • 日本人も共感しやすい? “現代の生き方”を考えさせられる「韓国文学」5選
    Japanese(日本語) Article

    ananweb / September 18, 2020

    「お隣の国だけに、文化的、社会的価値観において日本社会に通じる部分も多く、日本人が共感できる部分も多いのではないでしょうか。日本でもベストセラーとなった『82年生まれ、キム・ジヨン』は、その典型例です。物語の背景に歴史的、経済的な要素が盛り込まれていたりと、その時代、その社会の中での個人が描かれることも多い。そのため、価値観や人生観、社会観を見つめ直し、“今の時代に自分はどう生きるのか”ということを、さまざまな角度から考えさせてくれるところも、韓国文学の魅力となっています」

  • 映画、ドラマの次は“韓国文学”にチャレンジしてみない?♡今読みたいとっておきの作品を5冊集めました◎
    Japanese(日本語) Article

    ISUTA / October 19, 2020

    国内外問わず大ヒットを記録している韓国文学『82年生まれ、キム・ジヨン』の実写映画が、日本でもついに公開されましたね。女性として生きることへの困難や痛みを切実に描いたストーリーが感動的で、この作品を機に韓国文学に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

  • 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』に心揺さぶられた人へ。原作翻訳者が伝えたい女性たちの物語10選
    Japanese(日本語) Article

    ハフポスト日本版 / October 17, 2020

    現在公開中の韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』。同名の原作小説は日本で大ベストセラーとなり、読んだ人も少なくないだろう。 映画、小説どちらかでも、両方でも『82年生まれ、キム・ジヨン』に触れ、女性の生き方や男女格差について考えさせられたという人は、ぜひ女性たちの物語を描いた韓国文学も読んで欲しい。            今回、原作の小説『82年生まれ、キム・ジヨン』を翻訳し、韓国文学に詳しい斎藤真理子さんに10冊の本を選んでもらった。

  • 創刊88周年企画、「文藝」電子版の配信開始! 同時に関連電子書籍約500タイトルのポイント還元フェアを開催。
    Japanese(日本語) Article

    PR TIMES / October 07, 2021

    株式会社河出書房新社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小野寺優)は、10月7日発売の「文藝」冬季号より電子版の配信を開始します。紙と電子による定期刊行は純文学系文芸誌では初の試みです。今年で創刊88周年を迎える季刊「文藝」に、新たな1ページを刻むこととなります。 電子版配信開始にあたって 2年半前の「文藝」リニューアル以降、多くの読者の皆様から電子化の希望が寄せられ、実現のための調整を重ねてきましたが、ようやくこのたび第一歩を踏み出すことができました。最高におもしろいと思える原稿を、どう見せるか、どう届けていくか、ということを、この88年間、代々の編集部が試行錯誤してきましたが、今後はさらに、電子版も含めた形で考えていきたいと思います。まだ挑戦は始まったばかりです。紙でも、電子でも、読者の皆様が手に取りやすい形で楽しんでください。「文藝」はまだまだ先へ向かいます。(「文藝」編集長 坂上陽子)

  • K−POP・韓流ドラマ人気の次は? 韓国文学ブーム「日本人も腑に落ちる」
    Japanese(日本語) Article

    goo.ne.jp / November 27, 2020

      ドラマ「愛の不時着」や「梨泰院クラス」、映画「パラサイト 半地下の家族」、K−POPの「BTS」や「TWICE」など、韓国カルチャーが席巻中だ。実は今、K−BOOK(韓国文学)がいちばん熱い!! 現在公開中の映画「82年生まれ、キム・ジヨン」。原作は韓国で130万部を超えたベストセラーで、日本でも累計発行部数21万部を突破。本作をきっかけに韓国文学に注目が集まり、近年、各出版社が韓国文学作品の刊行に力を入れている。そこで韓国専門ブックカフェ「チェッコリ」に、おすすめの本を紹介してもらった。(...)

  • 特集翻訳小説 最新翻訳小説地図
    Japanese(日本語) Article

    群像 / May 07, 2020

    創作 小林エリカ「脱皮」 リービ英雄「文字の高原」 不妊治療に励む理科教師。死を待つ老人。何かを手放したい少女たち。災厄のなかで、生への希望が試される。時代の危機にこたえる、新たな小説が誕生した。小林エリカの創作「脱皮」。 チベットの高原にある寺院にたどり着いた「かれ」は、奇妙な体験をする。言語と言語、大陸と大陸、国と国、そして人と人の狭間から生まれる、文学の現在地。リービ英雄の創作「文字の高原」。 新連載 福嶋亮大「ハロー、ユーラシア」 諏訪部浩一「薄れゆく境界線――現代アメリカ小説探訪」 世界の秩序が変わりつつあるいま、「ユーラシア」の存在がふたたび浮上している。来たるべき世界を幻視する、批評の冒険。福嶋亮大の「ハロー、ユーラシア」。グローバル化で「アメリカ」自体の輪郭がぼやけていくなか、近代の産物たる「小説」はどう時代に応接してきたのか――「アメリカ」の新しい「見取り図」。諏訪部浩一の「薄れゆく境界線――現代アメリカ小説探訪」。

  • フェミニズム吹き荒れる! 今読むべき韓国のおすすめ女性作家12
    Japanese(日本語) Article

    ELLE.jp / March 12, 2021

    “ヤングフェミニスト”が台頭する韓国文学界 今韓国では、'80年代生まれの「ヤングフェミニスト」と呼ばれる女性作家たちの勢いが止まらない。新たなフェミニズムの波に乗り、男性中心的な家父長制社会に抑圧されてきた側からの言葉があふれ出している。SFファンタジーの表現を取り入れながらジャンルを超え、また、セクシュアル・マイノリティや経済格差など交差した視点を取り込んでいる作品も多い。多彩な女性作家の作品が次々と日本に紹介されていることもまた、フェミニズムの波の力だ。

  • 韓国小説・ビギナーに絶対読んでほしい4選【韓国文学が今アツい①】
    Japanese(日本語) Article

    magacol.jp / March 08, 2021

    食、音楽、映画、ドラマに続き、ここ数年多くの韓国文学が日本語に訳され人気を集めています。「何から読めばいいか分からない」というあなたへ、オススメの小説を4冊ご紹介します。 【BTS】大人女子も夢中!BTSの魅力とは…?ARMYライターが語る① 「保健室のアン・ウニョン先生」 パワフルでキュートな主人公が学校の“不思議”に立ち向かう 子供の頃から霊能力を持つ主人公、アン・ウニョンがBB弾を発射するオモチャの銃と、レインボーカラーに輝くオモチャの剣を武器に赴任先の高校で巻き起こる原因不明の怪奇現象や不思議な出来事に立ち向かう。小説を実写化したオリジナルドラマがNetflixにて配信されていることでも話題の本作。著者は2017年に第50回韓国日報文学賞を受賞し、純文学、SF、ファンタジー、ホラーなどジャンルを超えた多彩な作品で幅広い世代から支持を得ているチョン・セラン氏。主人公の言動に心温まるだけでなく、韓国のリアルな高校生活についても覗くことができます。

  • 人気小説家チョン・セランも絶賛! 韓国で話題の名作エッセイ、『女ふたり、暮らしています。』発売。
    Japanese(日本語) Article

    PR TIMES / March 01, 2021

    シングルでも結婚でもない、女2猫4の愉快な生活 単なるルームメイトでも、恋人同士でもない。一人暮らしに孤独や不安を感じはじめたふたりは、尊敬できて気の合う相手を人生の「パートナー」に選んだ。 小説家チョン・セランも絶賛した韓国で話題の名作エッセイ、ついに日本上陸!