• Article
    • English

    One Hundred Shadows leaves us in the dark

    U.K.
    / /
    May 25, 2018
    Introducing 'Hwang Jungeun' and her short novel 'One Hundred Shadows'
    • Article
    • Japanese

    『誰でもない』 説明や感情抑えた文体 (豊崎由美・書評家)

    Japan
    / /
    Apr 8, 2018
    『誰でもない』 説明や感情抑えた文体
    • Article
    • Japanese

    『誰でもない』他ならぬ<私>と<あなた>の痛み (倉本さおり・ライター)

    Japan
    / /
    Apr 20, 2018
    『誰でもない』他ならぬ<私>と<あなた>の痛み
    • Article
    • Japanese

    グローバル化の苦悩と共感

    Japan
    / /
    Apr 14, 2018
    グローバル化の苦悩と共感
    • Article
    • Japanese

    東アジア文学日本と共鳴 寛容さ失う韓国社会の痛み

    Japan
    / /
    Apr 11, 2018
    東アジア文学日本と共鳴 寛容さ失う韓国社会の痛み.
    • Article
    • Japanese

    「読書とは他者の声聞くこと」 ファン・ジョンウンさん来日

    Japan
    / /
    Apr 10, 2018
    「読書とは他者の声聞くこと」 ファン・ジョンウンさん来日
    • Article
    • Japanese

    今月のオススメ本『野蛮なアリスさん』 ファン・ジョンウン

    Japan
    / /
    June, 2018
    今月のオススメ本『野蛮なアリスさん』 ファン・ジョンウン.
    • Article
    • Japanese

    『誰でもない』ファン・ジョンウンさんを囲む一夜かぎりの読書会

    Japan
    / /
    May 4, 2018
    一月に『誰でもない』(晶文社)、三月に『野蛮なアリスさん』(河出書房新社)が邦訳刊行され、韓国で「現在、最も期待される作家」と称される、作家のファン・ジョンウンさんが来日した 四月三日、ファン・ジョンウンさんを囲む来日イベント、『誰でもない』の読書会が、神保町・ブックハウスカフェで開催された。 本書は、現代の韓国社会でそれぞれの痛みを抱えながら懸命に生きる人々を描いた短編集だが、作品が紹介されて以降、日本でも確実に読者の心を捉えている作家の生の声を聴きたいと、たくさんの人がつめかけた。 (編集部)
    • Article
    • Japanese

    野蛮なアリスさん ファン・ジョンウン著/斎藤真理子訳

    Japan
    / /
    Apr 25, 2018
    日常に潜む破綻をしたたかに描いた『誰でもない』で話題となった作家の長編小説。著者は、現実と虚構を入り交じらせ、日常と非日常の境界を揺さぶる作風で定評を得ている。 女装ホームレスのアリシアが少年時代を過ごした街コモリについて語る。神によって滅ぼされた都市ゴモラを想起させるこの街は、都市開発事業で補償金をもらい、一儲けしようとする人々の悪巧みと暴力で溢れかえっている。...
    • Article
    • Japanese

    ファン・ジョンウンさん 社会を生きて、書く 韓国で注目を集める小説家

    Japan
    / /
    May 10, 2018
    韓国の作家、ファン・ジョンウンさんの短編集『誰でもない』(晶文社)と長編『野蛮なアリスさん』(河出書房新社)の2作が立て続けに邦訳された。同国で今、最も注目されている作家の一人。すでに多くの文学賞を受賞し、他の作家からの評価も高い。4月の来日を機に、作品に込めた思いや小説観などを聞いた。 「登場人物の声が聞こえないと、小説を書き始められません。この人物なら、どんな言葉、音声でどういうふうに語るかを常に考えています」 韓国で2013年に刊行された『野蛮なアリスさん』は、まさに「語り」に特長があるセンセーショナルな作品だ。

Pages