• Article
    • Japanese

    「上京」(ファン・ジョンウン短編集『誰でもない』)

    Japan
    / /
    Oct 10, 2018
    An introduction of Hwang Jungeun's Japanese translation <誰でもない 아무도 아닌> 柿の木の実が大分色づいてきました。イチョウの木の根元にも銀杏が転がっていて、こうした秋の光景を眺めると、ファン・ジョンウンさんの短編「上京」(『誰でもない』斎藤真理子訳 晶文社)にあった唐辛子摘みのシーンを思い出します。寂れた農村を訪れる、都会での生活に疲れた若者たち。都会の生活をやめて農村で生活するとしても、何も手にしていない自分はここでもやはりやっていけないだろうと彼らは考えます。出口の見えない重苦しさのある作品ですが、...
    • Book
    • Japanese

    羞恥

    Japan
    / / /
    2018
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    「脱北者」の三人には、亡命の過程で家族を失うという共通点があった。ウォンギルはモンゴル砂漠で力尽きた妻を見捨てて娘を背って逃げてきた。トンベクは国境を越える直前に家族全員が目の前で公安警察に捕まるが、自分だけ助かった。ヨンナムは別ルートで脱出した家族が中国で行方不明、人身売買グループの手に渡ったらしい。やがてオリンピックの選手村建設予定地で、朝鮮戦争にさかのぼる大量の人骨が出土した…。...
    • Book
    • Japanese

    すいかのプール

    Japan
    / / /
    2018
    / Literature - Korean literature - Children and Adolescents
    大きなすいかがぱかっと割れたら,うきわを持ってでかけよう.葉っぱのジャンプ台から飛びこんだり,ぶあつい皮ですべり台をつくったり,すいかのジュースをパシャパシャさせたり…….思い切り遊んだ一日はあっというま.でもだいじょうぶ.きっと来年もすいかのプールはひらくから.子どもの楽しい空想をいきいきと描く韓国の絵本. Source URL : https://www.iwanami.co.jp/book...
    • Book
    • Japanese

    Japan
    / / /
    2018
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    誰が知るだろう、この物語のすべてが 一編の復讐劇でもあるということを―― 一代にして財を成し、 あまたの男の運命を狂わせた母クムボク。 並外れた怪力の持ち主にして、人ならざるものと心を通わし、 煉瓦づくりに命を賭した娘チュニ。 巨大な鯨と煉瓦工場、華やかな劇場をめぐる 壮絶な人生ドラマが幕を開ける。 ストーリーテラーとして名高い著者が、 破壊的なまでに激しく生々しい人間の欲望を...
    • Book
    • Japanese

    野蛮なアリスさん

    Japan
    / / /
    2018
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    私はアリシア。女装ホームレスとして四つ角に立っている。ソウル郊外に建設される、大規模マンションを巡り加熱する人々の欲望―凶暴な母と年老いた父、そして沢山の食用犬と暮らす少年アリシアのたったひとりの戦い。数々の賞を総なめにする最前線の女性作家が強烈なイメージで描く怒りと敗北、無垢な祈りの物語。暴力の心臓を描く傑作! Source URL : https://www.amazon.co.jp/%E9...
    • Book
    • Japanese

    誰でもない

    Japan
    / / /
    2018
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    それが必要だった。すべてのものが消えてゆくこのときに。暗闇を水平線で分ける明かりのようなものが―喪失、暴力、孤独、格差、貧困…“今”をかろうじて生きる人々の切なく、まがまがしいまでの日常を、圧倒的な筆致で描いた8つの物語。いま最も期待される韓国文学の“新しい顔”ファン・ジョンウン、待望の初邦訳。 Source URL : https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01...
    • Book
    • Japanese

    三美スーパースターズ 最後のファンクラブ

    Japan
    / / /
    2017
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    韓国プロ野球の創成期、圧倒的な最下位チームとして人々の記憶に残った三美スーパースターズ。このダメチームのファンクラブ会員だった二人の少年は大人になり、IMF危機と人生の危機を乗り切って、生きていくうえで最も大切なものは何なのかを知る―。韓国で20万部超のロングセラーとなっているパク・ミンギュの永遠のデビュー作! Source: http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83...
    • Book
    • Japanese

    ギリシャ語の時間

    Japan
    / / /
    2017
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    ある日突然、言葉を話せなくなった女。すこしずつ視力を失っていく男。女は失われた言葉を取り戻すため古典ギリシャ語を習い始める。ギリシャ語講師の男は彼女の“沈黙”に関心をよせていく。ふたりの出会いと対話を通じて、人間が失った本質とは何かを問いかける。心ふるわす静かな衝撃。ブッカー国際賞受賞作家の長編小説。 Source: https://singapore.kinokuniya.com/bw/...
    • Book
    • Japanese

    すばる : 2017年 10 月号

    Japan
    / / /
    2017
    / Literature - Korean literature - Journal (Korean Literature)
    • Book
    • Japanese

    こびとが打ち上げた小さなボール

    Japan
    / / /
    2016
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    取り壊された家の前に立っている父さん。 小さな父さん。 父さんの体から血がぽたぽたとしたたり落ちる。 真っ黒な鉄のボールが、見上げる頭上の空を一直線につんざいて上がっていく。 父さんが工場の煙突の上に立ち、手を高くかかげてみせる。 お父ちゃんをこびとなんて言った悪者は、みんな、殺してしまえばいいのよ。 70年代ソウル―急速な都市開発を巡り、極限まで虐げられた者たちの千年の怒りが渦巻く祈りの物語...